かかりつけ医
 
糖尿病
 
循環器内科
 
内視鏡検査
 
内視鏡検査による
胃集団検診
 
当院の内視鏡設備
 
検診
 
便秘外来
 
胃カメラ・大腸カメラの検査は苦しいと聞いたのですが。
 
胃カメラの検査で鎮静剤を使いますか?
 
全身麻酔をせずに、痛くないカメラを受けたい。
 
2リットルの下剤は多くて飲みきれなかった。
 
検査の後おなかが張って苦しかった。
 
早期ガンを発見するにはどのくらいの間隔が良いでしょうか
 
大腸ポリープの切除を入院せずにしてもらいたい。
 
健康診断で便潜血反応陽性(消化管出血)と言われました
 
抗ガン剤のいらない胃・大腸ガンは発見可能か
 
内視鏡検査医のヒヤリハット
私は悪性度の強いスキルス胃ガンになりました
 
スキルス胃ガン
 
胃ガン手術後遺症
 
印象に残った症例
 
楽な胃、大腸カメラの検査
 
健康ブログ
 

診療案内

かかりつけ医

かぜ、腹痛、頭痛をはじめ高血圧、生活習慣病など
最近、「内科も専門化しすぎてどこに受診しにいったらよいか判りにくい」という言葉をよく聞きます.


昔は医師免許を取った者は内科の基礎をしっかり勉強してから専門医になっており、私もインターン終了後大学院で4年間一般内科をたたき込まれました。
さらに病院でいろんな疾患を見せて頂いた経験を活かし、身近な風邪をはじめ高血圧、肝臓、メタボリックシンドロームなどの内科的疾患をしっかり診る、かかりつけ医として皆様のお役に立ちたいと考えております。

糖尿病

原則として内服薬のみの治療を行い、インシュリン療法はいたしません。
糖尿病はいきなり悪化するのではなく、徐々に悪化します。
最近では多種多様の素晴らしい内服薬があるので、大抵の場合内服薬の治療で十分な場合が多いようです。
インシュリン療法は低血糖発作が内服薬よりも多く、24時間体制でないと危険であるため、このような重症の場合は救急外来のある病院を紹介いたします。
糖尿病の治療の基本は食事療法と運動療法です。
実行するのが難しい患者さんもいらっしゃいますが、コミュニケーションを大切にし、よく話し合って治療に向かうようアドバイスいたします。

循環器

心電図、負荷心電図、ホルター心電図を利用して不整脈、狭心症などの発見、治療をしております。
高血圧のコントロールに努め、脳出血、心筋梗塞などの合併症を予防します。

内視鏡

「内視鏡検査」のページをご覧下さい。

検診

病気の治療は早期発見が非常に大切なため、人間ドックをはじめ各種検診に力を入れております。
人間ドック、特定健診、メタボ健診、雇用時の検診などご来院下さい。

便秘外来

便秘すると日常生活が不愉快ですが、さらに大腸ポリープとか大腸ガンが出来やすいと言われておりこれを克服することは大切です。
便秘外来においでる人は水分と野菜を十分に取り、市販の下剤を飲むなどありとあらゆる方法を試しておられます。
市販の下剤は時には下痢が続き排便時に腹痛を伴う場合が多いようです。

当院は1日に1回普通の硬さの排便があり、排便時に腹痛を伴わない排便を治療目標にしております。
原因を考察してそれに応じた薬を処方しております。
ホームごあいさつ診療案内内視鏡検査よくある質問地図・アクセス
 診療時間 9:00~12:00 14:00~18:30 休診日 火曜日午後・日曜日・祝日
鶴岡内科・胃腸内科 徳島市北田宮3丁目1-7-2 TEL:088-602-7123
2017 鶴岡内科・胃腸内科 All rights Reserved.