かかりつけ医
 
糖尿病
 
循環器内科
 
内視鏡検査
 
内視鏡検査による
胃集団検診
 
当院の内視鏡設備
 
検診
 
便秘外来
 
胃カメラ・大腸カメラの検査は苦しいと聞いたのですが。
 
胃カメラの検査で鎮静剤を使いますか?
 
全身麻酔をせずに、痛くないカメラを受けたい。
 
2リットルの下剤は多くて飲みきれなかった。
 
検査の後おなかが張って苦しかった。
 
早期ガンを発見するにはどのくらいの間隔が良いでしょうか
 
大腸ポリープの切除を入院せずにしてもらいたい。
 
健康診断で便潜血反応陽性(消化管出血)と言われました
 
抗ガン剤のいらない胃・大腸ガンは発見可能か
 
内視鏡検査医のヒヤリハット
私は悪性度の強いスキルス胃ガンになりました
 
スキルス胃ガン
 
胃ガン手術後遺症
 
印象に残った症例
 
楽な胃、大腸カメラの検査
 
健康ブログ
 

内視鏡検査

これからの内視鏡検査の展望

最近の医療機器の進歩は著しいものがあります。
当院は最近最新の器械にすべて買い換えました。
内視鏡による胃集団検診が始まりました。
ガンによる死亡率を下げるために、より早くて小さなガンを発見する方向に進んでいます。
胃、大腸ガンの早期発見のための学問と内視鏡手術は最近相当進んでいます。
早期ガンを発見する研究が進み、数年前より相当に小さなガンを発見できるようになりました。
さらにそれを助ける医療機器の進歩は目を見張るものがあります。

弘法は筆を選ばずという言葉がありますが、我々凡人は筆を選びます。
当院はさらなる早い時期の早期ガンの発見に努め、内視鏡による胃集団検診に寄与するために、某メーカーがレーザーを使った新製品を最近発売しました。この際思い切って今までの古い内視鏡設備を全て廃棄して最新の機器に買い換えました。

レーザーの光源装置を使用しているので視野が一段と明るくなり5.8mmという鼻腔内視鏡並みの細さの経口胃内視鏡の使用が可能になりました。
患者さんは勿論検査医にとっても楽な検査が出来ます。
これまでは胃内視鏡の太さは9~11mmの時代でしたが、近い将来5mmの時代の突入することでしょう。

大腸内視鏡には自動反発装置、硬度可変式機能がついているので、内視鏡の追従性がよくなり検査がスムーズに行われ検査時間の短縮と患者さんの負担が楽になりました。
これまでの内視鏡検査の苦しいと言うイメージはなくなり、近い将来インフルエンザの予防注射と同様気軽に検査ができるようになると考えます。

内視鏡検査の予約について

胃内視鏡検査(予約受付中)
予約は不要です。毎日受け付けております。
受けたい場合は朝食を抜いておいで下さい。
大腸内視鏡検査
予約が必要です。日曜日、火曜日以外は毎日実施しております。

内視鏡検査を楽にするための当院の工夫

当院は楽な内視鏡検査を目標にしていますので、独自の工夫をしております。

胃内視鏡検査
1. 鼻腔内視鏡と同等の太さの超極細の胃内視鏡(5.8mm)を使用します。
2.患者さんとのコミュニケーションを大切にする。
楽な検査には信頼関係が一番です。

大腸内視鏡検査
1.最新式の大腸内視鏡の使用
2.洗浄液を2000ccから800ccに減量している。
3.炭酸ガス送気装置の使用

当クリニックの最新鋭内視鏡検査機器について

大学、国立ガンセンターなみの最高級の内視鏡システムを導入しました。
内視鏡システム
光源に最新のレーザを採用しているため従来のハロゲンもしくはキセノンランプを光源とした内視鏡機器に比べ、明るく鮮明な画像が得られます。
光源が明るくなった結果、超極細の経口内視鏡検査が出来るようになりました。
さらにBLI,LCI、FICEの採用により微小な病変の観察が出来、早期ガンの発見がやりやすくなりました。
当然胃の中に入った後の違和感は少なくなり楽です。

胃内視鏡 
これまでの内視鏡の直径は9.1~11mmでしたが、光源装置の進歩により経鼻内視鏡並みの5.8mmと超極細になりました。
当然検査は楽です。

大腸内視鏡
硬度可変式、自動反発装置を備えています。
以前より各段に挿入が楽に速くなりました。
胃、大腸内視鏡ともに進歩したので挿入がしやすくなり、検査医、患者さんも楽な検査ができるようになりました。
さらに細い内視鏡にもかかわらず拡大装置がついているので小さな病変の発見に役立ちます。
内視鏡洗浄機
使用した内視鏡スコープを消毒いたします。
日本消化器内視鏡技師会が推薦する過酸化水消毒液を使用しておりますので安全・清潔な内視鏡スコープで検査を行います。
内視鏡用炭酸ガス送気装置
空気の100倍以上の吸収の早い炭酸ガスを使用するので、
大腸内視鏡検査後の腹部膨満感がなくなりました。
内視鏡用送水ポンプ
内視鏡検査中いつでも自動送水が可能なため、食道・胃・大腸の管腔内の洗浄が可能となります。
病変(腫瘍・ガン)に付着した汚れや血液を瞬時に洗浄することで、内視鏡画像の視野を簡単・迅速に確保して詳細な診断が可能となります。
パルスオキシメータ
検査中の血圧、心電図、血中の酸素濃度を測定して検査医は不測の事態にいち早く気が付きます。
安全対策に必要な器械です。
高周波焼灼電源装置
大腸ポリープや早期大腸ガンを内視鏡的に切除する最新鋭の高周波電源システムです。
凝固と切開の高周波スイッチを組み合わせることによって、出血を的確にコントロールして大腸ポリープや早期大腸ガンの内視鏡的切除が可能となりました。
大腸ポリープや早期大腸ガンを内視鏡的に切除する最新鋭の高周波電源システムです。

切開(黄色)と凝固(青色)を使い分けることにより、内視鏡治療の際の出血を的確にコントロールできます。

ホームごあいさつ診療案内内視鏡検査よくある質問地図・アクセス
 診療時間 9:00~12:00 14:00~18:30 休診日 火曜日午後・日曜日・祝日
鶴岡内科・胃腸内科 徳島市北田宮3丁目1-7-2 TEL:088-602-7123
2017 鶴岡内科・胃腸内科 All rights Reserved.