かかりつけ医
 
糖尿病
 
循環器内科
 
内視鏡検査
 
内視鏡検査による
胃集団検診
 
当院の内視鏡設備
 
検診
 
便秘外来
 
胃カメラ・大腸カメラの検査は苦しいと聞いたのですが。
 
胃カメラの検査で鎮静剤を使いますか?
 
全身麻酔をせずに、痛くないカメラを受けたい。
 
2リットルの下剤は多くて飲みきれなかった。
 
検査の後おなかが張って苦しかった。
 
早期ガンを発見するにはどのくらいの間隔が良いでしょうか
 
大腸ポリープの切除を入院せずにしてもらいたい。
 
健康診断で便潜血反応陽性(消化管出血)と言われました
 
抗ガン剤のいらない胃・大腸ガンは発見可能か
 
内視鏡検査医のヒヤリハット
私は悪性度の強いスキルス胃ガンになりました
 
スキルス胃ガン
 
胃ガン手術後遺症
 
印象に残った症例
 
楽な胃、大腸カメラの検査
 
健康ブログ
 

よくある質問

胃カメラ・大腸カメラの検査は苦しいと聞いたのですが.
器械、技術の進歩により、胃カメラ・大腸カメラともに楽な検査ができるようになりました。
当院では、胃内視鏡(鼻腔内視鏡と同等の超極細5.8mm)・大腸内視鏡とも最新の設備を整えております。→当院の内視鏡設備
カメラが苦しいという巷の噂に惑わされずに、安心して積極的にカメラの検査をなさって下さい。
胃カメラの検査で鎮静剤を使いますか?
私は胃カメラについては鎮静剤を使いません。それでも患者さんに楽にできたと褒められます。

実は私は毎年胃と大腸カメラを受診するように心がけております。
20数年前胃カメラを受診した時には涙はでる、よだれは出ると大変でした。
それ以後鎮静剤を使って眠ったままで検査を受けていました
患者さんの気持ちを知るために今回『清水の舞台から飛び降りる』思いで鎮静剤なしで受診しました。
『力を抜いてリラックス』と唱えながらでしたが、感想はまずまず苦しくなく受けることができました。
来年から自分も鎮静剤抜きで受診する自信が出来ました。
全身麻酔をせずに、痛くない胃カメラ・大腸カメラを受けたい
胃内視鏡検査の場合(患者さんとのコミュニケーションが大切)
胃内視鏡検査では、鎮静剤あるいは経鼻内視鏡は要りません。精密検査である経口内視鏡検査で十分です。
私の経験では、始めて胃カメラをなさる患者さんは検査に対する恐怖感から、過去に検査を受けて苦しかった人は検査に対する肉体的な恐怖感から、どうしても肩に力が入りやすいのです。
そうすると、喉に力が入って食道が狭くなり、胃カメラの挿入が困難になります。
検査は楽にできること、怖くないことを理解してもらって、恐怖心を取り除くと自然に喉が開いて、胃カメラを挿入しても嘔吐反射もなく3分前後で検査が終わります。
恐怖感を取り除くことが大事なので、検査の前のコミュニケーションに5分以上の時間を割くこともあります。
大腸検査の場合
当院でも鎮静剤を少量使います。
大腸検査は全身麻酔のような意識がなくなる麻酔は行いません。
軽い鎮静剤と腸の動きを止めるお薬を注射し、時には話しながら検査を行います。
検査時間は10~15分です。内視鏡技術と軽い鎮静剤の組み合わせにより(苦しくない内視鏡検査に努めます)安全に行います。
2リットルの下剤は多くて飲みきれなかった。
大腸内視鏡検査では、大腸内を綺麗にするために従来は2000ccの下剤を飲んでいました。
当院では、院長が考案した方法で半分以下の800ccに減量しました。
下剤の味も良く、評判は良いようです。
検査の後おなかが張って苦しかった。
大腸内視鏡検査後のお腹の張りをなくすために、(炭酸ガス送気システム)を導入しています。
通常の内視鏡検査では(空気)を入れて大腸を膨らませて観察を行いますが、(空気)は非常に吸収されにくく検査後にお腹の張りを訴える方が多いと聞いています。
当院では、従来は検査後もう一度盲腸(腸の末端)まで内視鏡を挿入して空気の回収を行っていました。
お腹が張って苦しいと言われる患者さんはありませんでしたが、さらに空気より吸収の早い炭酸ガスを採り入れた(炭酸ガス送気システム)を導入していますので、さらにお腹の張りはありません。→内視鏡用炭酸ガス送気装置
早期ガンを早期発見するにはどれくらいの間隔が良いでしょうか?
経口、肛門からの内視鏡による手術の場合は1~2年に1度内視鏡検査をするのが理想です。
助かればよいというのであれば3~4年に1度でもよいかもしれません。

私は医者の免許を取ってからガンの早期発見に努めてきました。
胃ガン、大腸ガンは私の得意とするカメラで早期発見可能です。
田舎の名もないしがない医者ですが、生かされた命の限りこのような早期ガンの発見に努めて行きたいと考えております。
大腸ポリープの切除を入院せずにしてもらいたい
ポリープ手術を受けられても入院は必要ありません。
すべて日帰りです。
当院では、最新鋭の高周波焼灼電源装置を導入しており、大腸ポリープや早期大腸ガンを内視鏡的に除去することができます。→高周波焼灼電源装置
進行ガン、非常に大きいポリープは、入院施設のある病院に紹介いたします。
健康診断で便潜血反応陽性(消化管出血)と言われました。
大腸内視鏡検査(カメラ)をなさるのがベストです。
抗ガン剤のいらない胃・大腸ガンの発見は可能ですか。
最近診断技術の著しい進歩により小さな早期ガンが続々と発見されています。
早期ガンは発見時期により2種類があります。
そのうち非常に早い早期ガンは100%転移がないと考えられています。
だから経口あるいは肛門より内視鏡手術が可能です。
もう少し発見が遅れたものも手術医の能力差によりますが手術可能です。(だから検診を受けて早期ガンの発見に努めましょう)
この場合胃、大腸は取り除かないので、手術後は普段の生活に戻ります。
さらに術後抗ガン剤はいりませんので副作用もなく快適です。
ホームごあいさつ診療案内内視鏡検査よくある質問地図・アクセス
 診療時間 9:00~12:00 14:00~18:30 休診日 火曜日午後・日曜日・祝日
鶴岡内科・胃腸内科 徳島市北田宮3丁目1-7-2 TEL:088-602-7123
2017 鶴岡内科・胃腸内科 All rights Reserved.